FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

それでも明るく、淡々と・・・

患者・・・クライアントさんからセッションが終わってから聞かれた一言。

「先生、どうしても震災に対する不安・・・なにより原発への怒りがおさまりません。
この怒りや不安もいけないことなのでしょうか?」

一瞬答えに詰まりました。

奈良でも多少の揺れを感じました。
多くの命が失われるきっかけとなった、あの瞬間に同じ日本人として私たちはリアルタイムで遭遇したのです。

震災からテレビを通じて見聞きする被災地の状況。
ありえない被害。
そして、原発。
必至で助けようとする人。
必至で生きる人。
必至でなんとかしようとする人。
そして、この期に及んで煽る人たち。

怒りや不安、恐怖と憎悪を感じる事は仕方のないことなのかもしれません。

何度も言って来た事だし、ここでも何度か書いた事だけれども
これから、本性があらわにされる時代。
肩書きや見た目などという、その人自身を覆っている被り物がはがされていく時代になるように思います。

立派な知識人。
庶民の味方のマスコミ。

「可哀想だ」と言いながら自分だけはと買いだめに走る人たち。
ここ奈良でも・・・全く被害のない奈良でも
町の売り場から電池や水、食料品・ガソリンなどが姿を消しています。
僕がお昼に食べているフルーツグラノーラもお店からもamazonnからも姿を消しました。
トイレットペーパーさえありません。

悲しいかな、当院の患者さんにもいらっしゃいます・・・。

被災者が可哀想だといい、スーパーから商品が消えている事を嘆きつつ、
その足で自分も出遅れたとばかり買占めに走る・・・そんな光景が目に付きました。

一方で何もできない自分がいる。

そして、「安全だ」と言われ続けてきた原発の事故。



こんな状況では怒りや苛立ち、恐怖を感じるのは至極当然かもしれません。



でも、今は・・・・被災しこの瞬間も苦しみに耐えている人たち、私たちの仲間がいます。
そして、それはもしかしたら私たちだったかもしれません。

今も尚、食い止めようと頑張っている人がいます。
今、この瞬間も誰かを助けようと頑張っている人たちが間違いなくいます。


直接は何もできない私たちが持つべき感情、

それは、どこをどう考えても「ありがとう」の言葉しかありません。

怒りではなく、不安ではなく、ただただ「ありがとう」。

「ありがとう」しかないんです。


ああすればよかった。
こうするべきなんだ。
そんな話はこの先でもいいはずです。


こんな話を知りました。

秋田県のタレントさんが被災して、家を無くし避難している40代の女性にインタビューをしたそうです。

曰く、




 「私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。
  皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。
  私達も一日も早く皆さんに追いつきます.。」




今回の震災や被災にあわれた方を「可哀想」「悲惨だ」と感じてしまうことは当たり前です。
でも、自分たちの生活や生き方までネガティブに抑え込む必要はないんです。
ただ普段どおりの生活を営んでいればいいのだと思います。

そして本当に大事な事・・・。


それは、この災難を『なかったこと』にしない事です。

その上での普段どおりの生活・・・・と言う意味です。



それこそ、本当の意味で被災された方々と苦しみを共有することなんだと思います。
誰れでもできる被災された方に向ける愛の形なんだと思います。

見知らぬ人に、日本中が愛情と慈しみを降り注ぐチャンスにしなければなりません。


心では泣きながらも明るく生きましょう。

この悲しみを忘れずに、それでも明るく生きましょう。

不安に付け入る輩を笑い飛ばしましょう。

そして、いつまでも「なかったこと」にしないように・・・・。




被災した人たちが帰ってこれるのは、この日本の社会以外にありえません。


明るい世の中にしなっくってどうしましょうか?


それも、ある意味で真に手を差し伸べると言うことです。


そして、今回噴出した・・・(この災難のお陰で)今まで見ることができなかった
この世の中に埋もれる本性・膿も「なかったこと」にしないようにしましょう。



起こってしまった震災。


これすらも、必要だったと言える事に変えなくてはいけません。


平穏な日常を取り戻してからが・・・・私たちが試される時です。



それが、いまだこの世に生き残された私たちの仕事なのかもしれません。





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

震災に関するスピリチュアル的な発信について

被災地の皆さん、そして大切な方が被害にあわれた皆さん。
心からお見舞い申し上げます。

今回の地震は本当に痛ましいことです。

私たち生き残った者が、共に悲しみを分かち合い、一日も早く明日へ向けて新たな一歩を進めるようにしないといけません。
被災者も、そうでない人も。

物心両面で、直接の被害を受けなかった私達には大きな責任があると思います。

その意味で、今回の地震については記事を書くのは控えておこうと考えていました。

しかし、ネット上ではスピリチュアル的な、また神仏を引き合いに出したブログ等々で不安につけこみ自己顕示欲を満たそうとしているものが溢れ出ています。

生き残った者が、彼らを哀悼し、哀惜するのは当然のことです。

しかし、それはそれとして、彼らの犠牲に、必要以上の意味付けを行う事は、厳に慎まなければなりません。

人は、他者の死に対して、何らかの意味合いを見出そうとします。
命を失う事は、誰にとっても最も重大なものを失います。
今回の震災に限らず、誰もがいつの日かその命を、今生での生を終える日を迎えます。
誰一人、例外なく。

命を失ったその先が見えないという恐怖から逃れる事は、私たちに課せられた人生の究極の課題といってもいいかもしれません。

人は苦しみや死、そしてこの大きな災厄の犠牲に対する合理的理由を探し出すことで、心の平穏を少しでも得ようとします。これは、私達誰もが持つ、自然な感情です。

と同時に、この心情につけこみ、己の邪な願望を実現する道具にしようとする連中が必ず現れます。
人の死を、「○○が悪い。××が原因だ。△△が足りない。」などと、勝手な理屈を作り・・・
自分の願う方向に、大衆の喪失感を怒りに変えて誘導しようとします。

私は、この手の連中はデマゴーグと呼びます。

その人が、もし過去にどんなに素晴らしい業績を上げようとも、デマゴーグと化した瞬間、私は支持する事は出来ません。

それは『自分が正しい』という驕りに基づいた理屈でしかありません。
そして、誰にも平等に訪れる「死」に対する不安に付け込むと言う点で、死者に対して・・・つまりは生命の尊さ、真の尊厳を冒涜しているといえるでしょう。
恐らくその霊性は非常に低いものと思わざるをえません。


例え、未来が見えようとも、目に見えない何かと通じていようと、
一般的に『幸せ』と呼ばれるこの世的な、俗的な価値観での誰かの成功を後押ししていたとしても
そんなものは何の価値もありません。

かかわる事はいたずらに己の魂を、内なる神性を傷つけるだけです。


「自分が正しい」

これは私たちが厳に自戒しなくてはいけない事です。

私もその意味で間違っているかもしれません。

ですので、私はその人たちを批判はしません。

否定もしません。

その人に怒りは感じません。

ただただ憐れむだけです。


そういった人たちと、関わりを持つこともそれぞれの自由なのでしょう。

同じレベルでしか引き合いませんから。

その人にとって必要な事かもしれません。

でも、そう望まないなら・・・・

離れるべきです。

その言葉に依存している自分に疑問を感じている方は・・・

離れるべきです。



自分で考えて、自分で道を開きたいならば。

批判や怒りは必要ありません。




もしそのようなスピに身を委ねている方でこのブログを読まれた方は
是非ご一考いただければと思います。




どのような形であれ・・・・

今は静かに同胞を襲った災厄と彼らの不在を偲ぶだけです。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

震災・・・西日本在住の方へ

大変な事が起こりました・・・。
被災地の皆さんをはじめ、今回の震災で苦しんでいる全ての皆さんにお見舞い申し上げます。

しばらく何も書かないでおこうと思いましたが・・・


・コスモ石油のタンク爆発による気象汚染
  汚染された降雨から身を守るようにと言った内容です。

・関西電力が東日本への送電の為に節電を呼びかけている
  関電関係者から聞いたとなっています


主にこれらの情報を記載し、拡散するように依頼するチェーンメールが震災3日を過ぎてもかなりの広範囲に広がっています。

僕や僕の周りの人にもこのようなメールが来ています。

爆発したタンクには汚染物質は含まれていないと発表されていますし、
ご存知の通り、日本の電力周波数は糸魚川静岡構造線を境に分断されています。
周波数を変換する装置もその上限があるため、事実上60Hz地帯からの送電は不可能な状況です。

受け取った側は善意でこの情報を広げてしまい、文字通り“拡散”してしまうのですが、その事によってメールの使用容量が増大する事により、被害地域に家族がいる西日本在住者のメールなど本当に必要な人が使えなくなってしまう事もありえます。

そして、間違った情報・あいまいな情報は不安感として広がっていきます。

今、西日本在住者をはじめとする直接な被害を受けなかった私たち、
生き残った私たちがすべき事は、静かに、落ち着いて日常生活を送り、情報を精査すること
そして、静かに祈る事だと思います。

それでも何か出来る事を望むなら、今はお金を寄付することしかありません。

阪神大震災の時にはなかったネットによるコミュニティー、繋がりによって救われた人や
人のあたたかさ・優しさの輪を実感できるようになりました。

一方で、これを利用して善意を利用したり、煽ったりする人もいるようです。

マスコミをはじめとして、今後、偽善や本性、偽者と本物が暴かれていくように感じます。


間違った情報に踊らされる事なく、いろんな意味で本当に大切なことを見極めてください。


日本中が、すべての悲しみや苦しみを共に感じ、それを受け入れること。
そしてその一方で、静かに、平穏に責任を持って日常を努める事。

それが“生き残った”私たちが今しなければならないこと。

そう思います。



追記:
 赤十字社より募金募集が開始されました。
 あわせてお知らせします。


 郵便振替
 (口座名義)
 日本赤十字社(にっぽんせきじゅうじしゃ)
 東北関東大震災義援金(とうほくかんとうだいしんさいぎえんきん)
 (口座番号) 00140-8-507

 ※通信欄に「東北関東大震災義援金」と記入すると、手数料は無料です。   
   
詳しくは日本赤十字社HPへ http://www.jrc.or.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。