FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

学校に行きたくない~最年参加者が教えてくれたこと

昨日、プチセミナーのお話をさせていただきました。

突然思いついた企画でもあって、この先どう展開しようかと考えていた時

ちょっとした出来事がありました。


この19日に行った、奈良音声館会場での勉強会の早朝。

とある参加者の方から連絡をいただきました。


息子さんが学校に行きたがらないということで

どうせなら、ふるゆら.の勉強会に一緒に参加させてもいいですか?


・・・というお問い合わせでした。


お断りする理由なんてありません!

おもっくそウェルカムっす。


そして、小学生の息子クンも参加してくれました。

私の真ん前にちょこんと坐って、2時間半の長丁場。

しっかり話を聞いてくれていました。


もちろん、お子様向けに加工したわけでもありません。

バンバン「しつもーーん!」の声が飛び交った、大人にも決して簡単とは言えない内容です。

でも、彼はまっすぐ僕の顔を見つめながら、2時間半の時間を確かにみんなと共に在りました。



そして、その日の夜。そして、次の日の朝。

お母さんである受講生さんからメールをいただきました。

お許しをいただいたので、固有名詞のみいじらせていただいていますが

ほぼ原文のママでご紹介します。






今日は突然にも関わらず息子を参加させて下さってありがとうございました。

実はずっと前から一人のクラス男の子が嫌みを言ってきたりでストレスに感じてて、
昨夜それが爆発して学校行きたくないという話しになってしまいました。

普段から生真面目なところがあるので、色々頑張り過ぎたことと重なって
気持ちが折れてしまったようです。

でも昨日その気持ちに寄り添い今日ふるゆらに連れて行かせていただいて、
かなり響くものがあったようで、家に帰るとかなりすっきりしたようでした。

具体的には、今まで嫌み言われても「相手となんとか仲良くなりたい」と
腹が立つ自分の気持ちをどこかで抑えてしまっていたらしく、
腹が立ってもいいんや。と自分を許すことができたことが、かなり救われたようです。

明日からは楽しく学校に行けそうと言ってます。

意外にも今日の話し難しくなかったようで、もしかしたら大人より
ピュアな子どものほうがすんなり素直に聞けるのかなぁと感じました。

息子曰く「子ども向けの講習会があったらみんな楽になるよ。」と。

先生また機会あれば是非子ども講座や、学校のPTA講習などいかがでしょうか?

未来の子ども達の為にも。

すみません。
何はともあれ、今日のよきお導きと、息子が学校休んできたことに
「うちの子もよくある、よくある」と温かく自然に迎えてくれた先生とかにゃこさんと
仲間たちに感謝です






~そして、翌日の早朝~



今朝息子はいつものように起きてきて、いつものように学校に行きました。

大人でも時々立ち止まったり、休息が必要ですもんね、
忙しい現代の子供達こそこのような場があるともっと楽に子供時代を楽しめるのかな。

ふと息子が立ち止まった時、ふるゆらという場があったこと、
また、たまたま勉強会の日だったこと本当に感謝です。

私一人じゃここまで彼の不安を取り除いて前へ進む手伝いはきっとできなかったような…
それに、今までの私なら
「こんなことくらいで学校休むなんて…病気でないなら学校行きなさい」と言ってたでしょうね(笑)
ふるゆらの勉強会があったから休んでも有意義な一日がすごせるはず!と確信できたし、
実際息子自身もなんか休んで勉強会行きたいと言ってきたんです。
本当にありがとうございました。

私自身も息子に少しでも寄り添えたこと、またそれを了解してくれた主人にも感謝したいと思います。

是非子ども勉強会を!
息子もまた出たいと言ってます。

そう、そうそれからブログの件了解です
私も見てみます。


息子が「先生めっちゃ面白い人やなぁ」って
子供ウケ、いいみたいですね♪

またこれからも親子共々宜しくお願いしまぁす





以上です。




いやぁ、ほんと涙が出ました。

ほんと、すごいです。


何がすごいって・・・

もちろん僕がすごいんじゃありません。

彼が「学校に行った」という事がすごいんでもありません。
(それはそれで素晴らしいことではあるんですが)

それは息子クンが何か大切なものを感じとってくれたということ。

その学びは、ただ「学校に行く」ということよりも重要なことだったと思います。

彼にとっては「学校に行きたくない」という心の底からの叫び。

彼が自分の力で学び、自分の力でそれを乗り越えた。

目の前の「苦しみ」を「苦しみ」で無くしてしまったということがです。

それはこれから続く彼の人生を支える糧になるんじゃないかと思うのです。


そして・・・


暖かく迎え入れてくれた受講生のみんな。

文中にもあるように彼を信じ、勉強会の参加を許して下さったお父さん。

そして、その事に気づいて、感謝に包まれているお母さん。

きっとお母さん自身にとっても大きな学びがあったと思います。

こうやって大人に、そして家族になっていくんですね・・・。

その全部に感動。感謝です。

これらのどれか一つでも欠けてしまっては、今回の事は起こらなかったでしょう。

西行法師が伊勢参詣の折りに読んだ


   なにごとの おはしますかは 知らねども
     
             かたじけなさに 涙こぼるる



この一句を思い出してしまいました。

本当に、本当にありがとうございます。

みんな、最高ですよ。。。




そして、テーマを絞ったプチセミナー。

悩み、迷っている人にとって、もしかしたら灯になるかもしれない。

悩んだり迷ったり、まだまだ全開の未熟な僕ではありますが・・・

もう謙遜はしちゃ駄目ですよね。

本腰入れてやってみよう!

そう思わせてくださいました。


本当にありがとう!



そ・こ・で。


こんな事で悩んでる!

こんな話を聞いてみたい!

こんな事をテーマにして欲しい!


なんでも結構です。

もし、リクエストがありましたらどうそ教えてください。

実は自分の中ではある程度方向性を決めてはいるんですが・・・。

メールでも、コメントでも、フェイスブックでもなんでもOKです。

もちろん、かにゃこの方でも!

少しでも、誰かの悩みに寄り添ったものにしたいと思っています。


長々と書いてしまいましたが、読んでくださってありがとうございます!


どうぞ、遠慮なくご意見ください!



ありがとうございました!




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
早速ブログに載せていただいてありがとうございます。
私自身、ふるゆらで勉強させていただいてから一番偶然と必然を体感した不思議な素敵な出来事でした。

息子はまだまだ不安定な11歳。これからもテンション上がり下がりできっと親の私も一喜一憂の毎日でしょうが、この年代の輝き方?と思って見守っていきたいと思います。私のようにインチャだらけで少しでも苦しまずに済むように・・・。

昨日から度々「先生こんなこと言ってたよな・・・。」「こんなん言ってたけどどういう意味やったん?」と質問されたりするのですが、当の母は???「そんなん言ってはった?」「なんか言ってたけど、ママにもよくわからへんかったわ」と苦返事・・・。母も成長せねば(笑)
Re:
ありがとうございます!
そうですね!一喜一憂の毎日でも見方を変えれば輝きの日々。
それは僕らにも同じ事が言えるのかもしれませんね。
お母さんが自分らしく輝いて生きていけるのならば、それは息子クンにとって、何よりもの希望、何よりもの人生の指針になると思います。

息子クン、春休みにでもカモーン!

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。